説明が上手な人と下手な人の違いってなに…!?

賢く生きる系

説明がうまい人の特徴について、元2ちゃんねる管理人のひろゆきさんが自身のYouTube配信内で語っています。

「ひろゆきさんが考える『説明のうまい人』の特徴とは何でしょうか?」

視聴者から質問されたひろゆきさんは、「相手の話を聞く」と即答。また、ひろゆきさん自身が人になにかを説明する際、どんなことに気をつけているかを問われ、こう回答します。

説明がうまいかどうかって、相手の知的レベルに合わせられるかどうかなんですよね

「僕、このYouTube配信をするときって、だいたい中学生ぐらいの人が分かるように話しているんですよ。でも、これが会社とかで経営者レベルの話の場合、これくらい説明しなくても分かるよね、っていうのを説明しないで、専門用語とかでサラッと言っちゃったりするんですよね」

「でも、それで通じたりするんで…。たとえば、売上を比較するのに『PL 持ってきてください』とか、『BS持ってきてください』とか…」

これをもっと噛みくだいて話す場合は…。

「損益計算書という書類がありまして、売り上げと利益と仕入金とかっていう細かく数字が書いてある書類があるんですけど、それを持ってきてもらわないと、資産とか借金がどれくらいあるかを見ても、その事業の形態がわかりませんよね、みたいな…」

ひろゆきさん曰く、知識のある人同士なら、「PL、BS持ってきてもらえますか」のひとことで済むといいます。

「っていうのがあるので、相手のレベルに合わせてしゃべれるかどうか、っていう話だと思うんですよね」

ひろゆきさんはそう話しています。

あなたは人にうまく説明できるほう…!?

※上の動画は、ひろゆきさんの公式YouTube動画を第三者が許可を得て編集したものです。

ひろゆきさんの公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC0yQ2h4gQXmVUFWZSqlMVOA