少子化対策が進まないのは政治家が嫌がっているから…!?その理由とは…?

賢く生きる系

日本における少子化について、元2ちゃんねる管理人のひろゆきさんが自身のYouTube配信内で見解を述べています。

「10年以上前から少子化と言われていますが…」

そんなメッセージを寄せる配信視聴者。さんざん少子化と言われながらも、具体的な少子化対策が行われてこなかった理由について、ひろゆきさんに質問します。

高齢者を優遇する政策を、ずっと与党が続けているからです

と、ひろゆきさん。続けてこう話します。

「与党の人たちっていうのは、基本的には選挙に受かりたい、政治家になりたい人たちなんですよ。政治家をやめたら『ただの人』みたいな人ばっかりで…」

「そうすると、いかに高齢者の人から票をもらうか、っていうのが重要になるわけですよ。なので、少子化対策とかじゃなくて、高齢者に対して『こういうサービスをしますよ』とか、高齢者好みの政策をやろうとするわけですよ」

「少子化対策っていうのはさ、若い人にお金を配るわけだから、高齢者の取り分が減るっていうことじゃん。なので、真っ向反対されるわけですよ」

加えてひろゆきさんは、子どもを作りづらい現状について、こう語ります。

「たとえば、日本のいまの状況で私立の大学に入れようとすると、下手したら大学のあいだに数百万かかるわけですよ。300~400万とか…。ひとり暮らしする、とか言い出したら、それでまた年間100万みたいな…」

「なので、女の子が東京に行って私立の大学に4年間通ったら、下手したら1000万円ぐらいかかるわけですよ」

「そうすると、いくら金持ちでもそんなホイホイ子どもを作れないよね、って計算できちゃうんですよ」

ひろゆきさん曰く、優秀な人ほど子育てにかかるお金を計算するといいます。

「基本的には頭のいい人のほうが金持ちであることが多いので、計算して『子どもはそんなに作れないよね』みたいな結論を出しちゃうんですよ」

「逆に、頭の悪い人たちが若いうちにやりたい放題やって、ガンガン子供を産んで、子どもがいっぱいいる家庭としてテレビに出てるみたいな、そんな感じのビッグダディになったりするんですけど…」

ひろゆきさんはそう話しています。

これからも日本の人口はどんどん減っていく…!?

※上の動画は、ひろゆきさんの公式YouTube動画を第三者が許可を得て編集したものです。

ひろゆきさんの公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC0yQ2h4gQXmVUFWZSqlMVOA