ステージ4の末期がんすら治ってしまう!?丸山ワクチンって一体なに…?

賢く生きる系

丸山ワクチンと呼ばれる治療薬について、元2ちゃんねる管理人のひろゆきさんが自身のYouTube配信内で語っています。

「先月、がんになりました…」

そんなメッセージを寄せるのは、まだ30歳だという配信視聴者。「がんの中ではマシ」らしく、手術をして経過観察中だといいます。「再発した場合には抗がん剤治療になる」という視聴者は、ひろゆきさんに、「もしがんになった場合、抗がん剤治療をしようと思いますか?」と質問します。

「僕はすると思います」

と、ひろゆきさん。続けてこう話します。

どういうがんかによりますけど、『丸山ワクチン』を試すんじゃないかなと思っています

ひろゆきさんは丸山ワクチンについて、こう説明します。

「もともと皮膚科の先生で丸山先生っていう人が、膠原病の治療として作られた薬をがんに使ってみたら、腫瘍が小さくなって治ったというので、論文を書いて出したんですけど…。その当時、がんの専門家じゃない人が、がんの学会で論文を発表して治療薬を作るというのはいかがなものか、というのがあり、日本では結局承認されないままになっちゃったんですよね」

現在では日本医科大学で、治験というかたちなら丸山ワクチンの治療が受けられる、とひろゆきさん。ひろゆきさんが丸山ワクチンに期待するのには、こんな理由があるそうです。

「丸山ワクチンを作った人の息子さんが、ソニーの音楽レーベルを立ち上げたり、プレイステーションを作った会社の副社長だったりで有名な人なんですけど、その人が60歳ぐらいでがんになって…」

「ステージ4だったんですよ。がんって5がないんですよ。要は4になると次はお疲れ様でした、っていう…。がん末期といわれるやつで、喉にがんができて、水も飲めないぐらいの状態になって入院して…」

どうせがんになったんだったら親父が作った薬を使ってみるか、っていうのでこっそり打ってみたら、治っちゃって…(笑)

ひろゆきさんによると、「いまも元気でやっている」という丸山さん。何年か前にがんが再発したものの…。

「『再発したのか…』って驚いてたんですけど、また治って…。たしか2回再発したんだけど、2回目はもう誰も驚かないんだよね(笑)」

最後にひろゆきさんは、こう話します。

「もちろん、成功例じゃない人もいるんですよ。丸山ワクチンを打ったけどダメだった、っていう人もいるんですけど…。ただ、もともと膠原病で使われるために作られた薬で副作用があんまりないので、ダメもとで打ってみようかな、と僕は思っています」

あなたも、いざとなったら丸山ワクチンを打つ…!?

※上の動画は、ひろゆきさんの公式YouTube動画を第三者が許可を得て編集したものです。

ひろゆきさんの公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC0yQ2h4gQXmVUFWZSqlMVOA