行動力のない人が真っ先に改善すべきたった“1つ”のこと

賢く生きる系

「行動力」をつけるために必要なことについて、経済評論家の勝間和代さんが自身のYouTubeチャンネル内で語っています。

「行動力のつけ方の基本原則はとても簡単」と勝間さん。

迷ったら、やってみよう

勝間さん曰く、「迷うということは判断材料が足りないということ」なのだとか。判断材料が足りないのであれば、生死を分けるようなことは別として、とりあえずやってみればいい、と言います。

何かを買おうか買うまいか迷ったら、とりあえず買ってみて、不満なら返品すればいいし、返品できないならどこかに売ればいい、と勝間さんは主張します。

仕事でもプライベートでも、「迷ったらやってみる」ということを大原則にしておくと、いちいち悩まなくて済む、とのこと。

やってみた結果、続けるか続けないか、返品するかしないかなど悩むことはあるが、「まずはやってみること」と勝間さん。

「そうすれば行動力がつくし、行動の指針が分かりやすくなる」

それを繰り返すうちに行動力がつき、行動の幅も広がり、失敗も恐れなくなる、新しいこともできるようになる、と勝間さんは話しています。

迷わず突き進むのみ…!?

勝間和代さんの公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWoiNwdr7EEjgs2waxe_QpA